×

盛岡中央のプロ注目149キロ右腕・斎藤 「自分のせいで…」8回9失点コールド負けで号泣

[ 2022年5月21日 05:30 ]

直球を軸に12三振を奪った斎藤(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 盛岡中央(岩手)は春季県大会1回戦で久慈東に1―9で8回コールド負け。プロ注目の最速149キロ右腕・斎藤響介(3年)は8回を9安打9失点で試合後に号泣した。

 7球団のスカウトが視察する中、140キロ台前半の直球を軸に12三振を奪うも、その直球を狙い打たれた。「自分のせいで負けた。カーブ、スライダーをゾーンに入れて真っすぐを生かしていきたい」と自身初の甲子園出場が懸かる夏に向けて成長を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月21日のニュース