巨人・喜多が40万円増でサイン 支配下登録、CSも1軍同行「いい経験になった」

[ 2021年11月26日 13:21 ]

都内の球団事務所で契約更改に臨んだ巨人・喜多(球団提供)
Photo By 提供写真

 巨人の喜多隆介捕手(23)が26日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、40万円増の460万円でサインした。京都先端科学大から育成ドラフト2位で入団した1年目の今季は、8月に支配下登録を勝ち取り「入団した時に思い描いたものよりも、はるかにいい1年になったと思います」とうなずいた。

 東京五輪開催による中断期間だった同月3日には、ソフトバンクとのエキシビションマッチで「1軍初安打」もマーク。出場はなかったものの、阪神、ヤクルトと争ったCSでは1軍に同行し「CSの緊張感であったり、1軍の中で今まで目標にしていたのがより明確になったというか、この舞台で活躍しないとというのを強く思えたので、来季に向けていい経験になった」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年11月26日のニュース