日本ハム吉田輝星 3年目で初のダウン更改 新庄ビッグボス指令で短髪とするも、えり足は「考えます」

[ 2021年11月26日 13:46 ]

契約更改交渉を終え、オンライン取材に応じる日本ハム・吉田
Photo By スポニチ

 日本ハムの吉田輝星投手(20)が26日、札幌市内で契約更改交渉に臨み、今季年俸1030万円から3年目で初のダウン提示を受け60万円減の970万円で更改した。(金額は推定)

 3年目の今季、1軍登板は自己ワーストの1試合にとどまり、2年連続未勝利に終わった。2軍では19試合に登板して6勝8敗、防御率4・45。直球だけを投げるイニングを設けるなど、持ち味の直球の精度向上に努めてきた。「今年はコーチの人からも“何年後かにしっかりエースになれるように”と言われて、真っすぐ中心にフォーク、カットボールをしっかり磨こうという課題があった。ファームでずっと暮らしたシーズンだったんですけど、真っすぐは(シーズンの)はじめよりは全然良くなったので、そこは収穫かなと思います」と振り返った。

 新庄ビッグボスが鎌ケ谷での秋季練習を視察に訪れた際に、髪型に関するアドバイスを受けていたことも明かした。秋季キャンプ終了直後で散髪に行くタイミングがなく、えり足が伸びた状態で「ちょっとえり足見せて。これ切った方がいいんじゃない?もうちょい似合う髪型したらもっと人気出るよ」と助言されたという。

 この日はえり足をばっさりと切り、サイドも刈り上げた短髪の黒髪姿で登場。シーズン中は黒髪だったが、フェニックス・リーグから秋季キャンプにかけて金髪にしており「郡さんとか(杉谷)拳士さんに黒髪を勧められた。“男は黒髪が一番かっこいいだろ”と言われた」と明かした。

 えり足は「個性的かなと思って伸ばしていた」とこだわりを口にしたが、ビッグボスから指令が出ただけに今後どうするかは迷いどころ。今後はえり足を短くするかと問われ「いや~、ちょっと考えておきます」と苦笑いを浮かべていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年11月26日のニュース