広島・森下 大瀬良新選手会長からリーダー学吸収「成績でも期待に応えられるよう」 “役員”の自覚十分

[ 2021年11月26日 05:30 ]

選手会ゴルフに参加して笑顔を見せる森下(撮影・河合 洋介)
Photo By スポニチ

 広島・森下が、新選手会長の大瀬良からリーダー学を吸収する。25日、広島市内のホテルで開かれた納会で選手会の新役員が承認され、森下は会計に新任された。推薦した大瀬良が「暢仁のこれからを考えると、いろいろと見て学んでおいた方がいい。僕の中では、それくらい信頼している」と説明したように、将来的な選手会長候補としての期待が込められた人事となった。

 来季で大卒3年目にして役員に指名された森下は「これからは周りから見られることも多くなると思う。自分もその(チームの中心選手になる)気持ちでいますし成績でも期待に応えられるようにやっていきたい」と気を引き締めた。納会で選手会長に選出された大瀬良は尊敬する先輩。「もっともっと(大瀬良から)学んでいけるようにやっていきたい」と共闘を見据えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月26日のニュース