大阪桐蔭・1年生左腕の前田 “胴上げ投手”も「この冬でもっと真っすぐを磨いてレベルアップしたい」

[ 2021年11月26日 05:30 ]

明治神宮野球大会 高校の部決勝戦   大阪桐蔭11-7広陵 ( 2021年11月25日    神宮 )

<神宮大会  広陵・大阪桐蔭>神宮大会を制し、抱き合う大阪桐蔭の松尾(左)と前田のバッテリー(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 大阪桐蔭の1年生左腕・前田悠伍が、“胴上げ投手”となった。8回から5番手で登板。1点を失ったが、9回は無失点で締めた。

 今大会は初戦の敦賀気比戦で救援登板して6回無失点10奪三振の鮮烈な全国デビュー。チームで唯一、今大会の全3試合に登板した有望株は「まだ決めるところで決めきれない甘さがある。この冬でもっと真っすぐを磨いてレベルアップしたい」と貪欲だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月26日のニュース