阪神・守屋は250万円減 1軍未登板の尾仲も100万ダウンで契約更改

[ 2021年11月26日 18:00 ]

契約更改を終え、会見に臨む阪神・守屋(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 阪神・守屋功輝投手(28)と尾仲祐哉投手(26)が26日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨んだ。

 守屋は250万円減の年俸1500万円で契約を更改。

 「ちょっと肩の状態が最初の方は良くなかったかなというのがあって。思うようなピッチングができないシーズンになった」

 1軍では昨年の3試合に続き、2試合の登板。悔しさの残るシーズンを振り返った。20年から続く右肩痛も回復し、復活を目指す右腕は「2019年以上の成績を挙げることができるようにやっていきたい」と57試合に起用された19年を目標に定めた。

 1軍未登板に終わった尾仲は、100万円ダウンの750万円でサイン。来季へ向け「阪神に来て全然結果を残せていないので、自信を持って腕を振って投げていきたい」と逆襲を誓った。 

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月26日のニュース