オリ・紅林 口火打!口火打!攻守に大貢献 中嶋監督も絶賛「若手がチームに勢いつけてくれた」

[ 2021年11月26日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第5戦   オリックス6-5ヤクルト ( 2021年11月25日    東京D )

<ヤ・オ(5)>8回2死、右前打を放つ紅林(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 オリックスはヤングパワーで打線をつなげた。

 5試合連続スタメン出場の高卒2年目の紅林が、7回無死から左前打を放ち、この回2点の口火を切った。8回にも2死から右前打し、伏見の適時二塁打につなげるなど、シリーズ初戦に続くマルチ安打。しかも塁に出れば2得点と勝利に直結する働きを披露。強肩を生かした守備でもチームを支えている。

 中嶋監督も「若手がチームに勢いをつけてくれた」と目を細めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月26日のニュース