ヤクルト・原「いい形でバトンを渡せず申し訳ないです」 5回2/3を2失点、粘投も反省

[ 2021年11月26日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第5戦   ヤクルト5―6オリックス ( 2021年11月25日    東京D )

<ヤ・オ>4回、同点適時打を浴びた原(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト先発の原は5回2/3を6安打2失点。イニング途中での交代に「何とか粘っていたのですが、後ろにいい形でバトンを渡せず申し訳ないです」と反省が口をついた。

 12日の巨人とのCSファイナル第3戦で、右手に打球を受けて途中降板。患部は内出血で色が変わるほどで、一時は今シリーズの登板も危ぶまれたが「とにかく丁寧に投げること、守備からのリズムを意識して投げました」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月26日のニュース