エンゼルス・大谷 地元・岩手県の県民栄誉賞も辞退していた 知事が明かす

[ 2021年11月26日 05:30 ]

エンゼルス・大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷が出身地である岩手県の県民栄誉賞を辞退していたと、同県の達増拓也知事が25日の定例記者会見で明らかにした。

 大谷は19日に満票でア・リーグ最優秀選手(MVP)を獲得。MVP受賞を受けて岩手県が関係者を通じて県民栄誉賞の授与を打診したが、大谷側から辞退の申し出があった。大谷は既に、政府から打診された国民栄誉賞も辞退。同知事は「国民栄誉賞の辞退を併せて考えると、さらなる高みを目指したいという覚悟からかと推察する」と理解を示した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月26日のニュース