オリ・モヤ 51年ぶり偉業!70年ロッテ・井石礼司以来の3打席連続代打安打「いいところに落ちた」

[ 2021年11月26日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第5戦   オリックス6-5ヤクルト ( 2021年11月25日    東京D )

<日本S ヤ・オ(5)>7回1死三塁、代打・モヤが適時打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 オリックス・モヤが51年ぶりの偉業を成し遂げた。

 7回に3―2と勝ち越し、なおも1死三塁で代打で登場。石山の内角直球を詰まりながら右前に落として追加点を奪い「安打になってくれて良かったし、いいところに落ちてくれてよかった」と目尻を下げた。

 20日の第1戦で7回に同点ソロを放つなど、日本シリーズ初打席代打本塁打から代打での3打席連続安打は70年のロッテ・井石礼司以来となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月26日のニュース