有藤通世氏 命運握るオリックス・吉田正の打撃復調 死球での負傷が脳裏に刻まれているか

[ 2021年11月26日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第5戦   オリックス6-5ヤクルト ( 2021年11月25日    東京D )

<ヤ・オ5> 7回2死一、二塁、吉田正は捕邪飛に倒れる(撮影・平嶋 理子)   
Photo By スポニチ

 【有藤通世氏 シリーズ大分析3】オリックスが土俵際で踏みとどまり、シリーズは神戸での第6戦へ。山本、宮城と先発の二枚看板が控えており、勝負の行方は一気に分からなくなった。

 ヤクルト打線は山田、村上に一発が生まれ、サンタナ、オスナの両助っ人も持ち味を出して機能しているのは大きい。敵地・神戸ではDH制。どこからでも得点できるのは強みで、まずは第6戦で山本から何点奪えるかが焦点になる。

 一方のオリックスでは吉田正の状態が気がかりだ。4回に二塁打こそ放ったが、体の開きが早く、バットが遠回りして出ている。内角球を気にしている証拠で、死球での右尺骨骨折の影響が脳裏に刻まれているのかもしれない。この日は4番・杉本が3安打。2番・宗も好調をキープしているだけに、3番の吉田正の打撃がオリックスの命運を握っている。

 ≪ほっと神戸の勝率8割≫オリックスのレギュラーシーズンのホームゲームは72試合あり、38勝22敗12分けで勝率.633を誇った。6試合を戦った、ほっと神戸では同.800。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月26日のニュース