楽天・岡島豪郎 倍額以上アップ更改に笑顔も―来季は「3割打って、チームも優勝したい」

[ 2021年11月26日 19:24 ]

契約更改後に来季の抱負を記す色紙には“優勝”と記した岡島
Photo By スポニチ

 楽天の岡島豪郎外野手(32)が26日、仙台市内の球団事務所で契約更改に臨み、2300万円から2700万円増の5000万円でサインした。(金額は推定)

 「球団からは“守備も打撃もよくやってくれた”と言葉を頂きました。(金額も)納得してます」と笑顔を振りまいた。

 10年目の今季はチームトップの打率・280(パ9位)をマーク。主に「2番・右翼」としてチャンスメークし、浅村栄斗内野手(31)、島内宏明外野手(31)らのクリーンアップにつなげた。一時は首位打者争いにも顔を出したが、秋以降に失速。「最後の10試合がフィジカル的にしんどかった。来年は自分の“芯”を見つけて、最後まで3割を維持できるように頑張りたい」

 また3年ぶりの外野手登録ながら右翼でファインプレーを連発。「打者のクセや投手のコースを読んで、準備しながら守れた。いつものポジションでは捕れない打球も捕れた」と胸を張った。
 来季の抱負を記す色紙には“優勝”と記した。「優勝したいという気持ちは強い。来季も自分が出来ることを精一杯やりたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年11月26日のニュース