ロッテが06年ドラ1・大嶺祐太と12年ドラ1の松永昂大に戦力外通告

[ 2021年11月26日 17:11 ]

ロッテの大嶺祐太投手(左)と松永昂大投手
Photo By スポニチ

 ロッテが26日、大嶺祐太投手(33)、松永昂大投手(33)に来季契約を行わないと通知したと発表した。

 大嶺は沖縄・八重山商工から06年高校生ドラフト1位で入団。今季は8試合に登板して1勝1敗、通算15年で129試合に登板し、29勝35敗。

 松永は大阪ガスから12年ドラフト1位で入団。1年目から7年連続40試合以上の登板を果たすなど左の中継ぎとして359試合に登板したが、今季は左肩痛に苦しみ、登板なしで終わった。

 松永には球団が育成契約を打診している。大嶺選手の今後は未定。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年11月26日のニュース