中日・祖父江「大野が投げて、ぼくと田島が抑えて」 盟友3人でのフル回転誓う FA権行使せず残留

[ 2021年11月26日 05:30 ]

FA権を行使せずに残留し生涯ドラゴンズを宣言した中日・祖父
Photo By スポニチ

 中日の祖父江大輔投手(34)は25日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、3000万円増の年俸1億円プラス出来高払いの複数年契約でサインした。今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、残留を決めた名古屋出身のセットアッパーは会見で“生涯ドラゴンズ”を宣言した。

 「優勝したいという思いで残留した。ずっとドラゴンズにいたい」。昨季、最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した右腕は今季も自己最多55試合に登板し5セーブ、20ホールドポイント、防御率2.59と救援陣を支えた。

 会見ではFA権取得の際に相談したエースの大野雄と、同じくFA権を行使せず残留した田島の名を挙げ「3人は世代が近い。大野が投げて、ぼくと田島がしっかり抑えられるようにしたい。それが理想」と誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月26日のニュース