オリ・山崎福 重圧に負けず6回途中2失点で踏ん張った 「しっかり集中してゲームメークできた」

[ 2021年11月26日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第5戦   オリックス6-5ヤクルト ( 2021年11月25日    東京D )

<日本S ヤ・オ5>初回、山田を投ゴロに打ち取った山崎福(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 負ければ終わりの重圧の中で、オリックス先発・山崎福が5回2/3を投げ2失点と踏ん張った。

 「ホームランを打たれてしまったのは反省点だけど、調子自体は良かった。思ったより緊張せず、しっかり集中してゲームメークができた」と胸をなでおろし、勝利を仲間とともに喜んだ。

 2回の失点は先頭打者への四球から、4回には村上に一発を浴びたが、最少失点で反撃を待った。中嶋監督も「よく試合をつくってくれた」と左腕の頑張りを認めていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月26日のニュース