ヤクルト・山田「イメージ通り」の復調弾 敗戦も好材料、球団最多タイのシリーズ通算4号

[ 2021年11月26日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第5戦   ヤクルト5―6オリックス ( 2021年11月25日    東京D )

<ヤ・オ>8回無死、3ランを放つ山田(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは敗戦の中で、山田の復調が明るい材料だ。3点を追う8回無死一、二塁。3―1から低めのチェンジアップを左翼席上段へ。打った瞬間、確信し、悠然と歩きだした。

 「しっかりタイミングを取れて、イメージ通りの打球を打てた」

 今シリーズわずか2安打と苦しみ、この日も3打席凡退で迎えていた。「結果が出ていなかったので、何とかここでと思っていた」。21打席目で待望の1号。大杉、池山に並ぶ球団最多タイの日本シリーズ4本塁打目となった。

 15年の日本シリーズでは史上初の1試合で3打席連続アーチを記録。「また新たな気持ちで神戸で戦う。粘り強い野球をしたい」。勝負強さを取り戻した主将が、チームを20年ぶりの日本一へ導く。(川手 達矢)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月26日のニュース