阪神・矢野監督がテレビ生出演 今秋ドラフト指名選手を語り、「前川はもしかしたら…」

[ 2021年11月26日 21:19 ]

サンテレビ「熱血!タイガース党」に生出演した矢野監督(右は福本豊氏)(阪神球団提供)
Photo By 提供写真

 阪神・矢野燿大監督(52)が26日、サンテレビ「熱血!タイガース党」に生出演し、シーズンの振り返りと来季へ向けた野望を明かした。

 一番印象に残った試合に、同点の9回、代打・原口が値千金の適時二塁打を放ち、チームが6連勝するきっかけを作った6月8日の日本ハム戦を挙げた。

 現時点で、去就が未定の守護神スアレスに対し、「もちろん残ってほしいが現状言えることは何も無い…」と苦笑いを浮かべ、FA権を取得した梅野には「決断を待つことしかできない」と語った。

 今秋のドラフトで1位指名した、高知高の森木大智は「キャンプで1軍に連れて行くのはやめとこうかな」と2軍スタートを示唆。続けて指揮官は、智弁学園出身の強打の左打者、前川右京の名を出し「前川はもしかしたら…」と来春キャンプで宜野座行きの可能性を明かした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月26日のニュース