阪神 ルーキーコンビの佐藤輝&伊藤将が躍動して4連勝 逆転優勝へ望みつなぐ

[ 2021年10月24日 17:39 ]

セ・リーグ   阪神7-2広島 ( 2021年10月24日    マツダ )

<広・神25>2回1死一、三塁、3点本塁打を放ち、Zポーズを決める佐藤輝(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神は、伊藤将、佐藤輝のルーキーコンビが負けられない一戦で投打に貢献した。

 佐藤輝は2回1死一、三塁の場面で先発・九里の直球を捉え右翼席へ24号の3点本塁打。「打ったのはストレート。絶対に負けられない試合の中でつないでチャンスの場面を作ってもらえたので最高のバッティングができて良かったです」。8月19日以来66日ぶりの特大アーチ。新人24本塁打は58年の森徹(中日)を抜いて、新人歴代単独7位となった。

 7回には1死二、三塁から3番・糸原の中犠飛で4点目。8回は坂本の2点三塁打と島田のスクイズでダメ押しの3点を追加した。

 また、先発の伊藤将は、6回途中4安打1失点で10勝目をマーク。初回無死から1番・宇草に左前打を浴びたが、続く小園を遊ゴロ併殺に仕留めた。3点の援護をもらった2回に5番・坂倉に一発を被弾したが、先発の役割を果たした。

 球団新人左腕では67年江夏豊以来の2桁勝利。新人で10勝は13年の藤浪以来となった。

 これでチームは絶対に落とせない一戦を制し、4連勝。優勝へ望みをつないだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月24日のニュース