阪神・坂本 2試合連続適時打で貴重な追加点 10勝目を狙った伊藤将を好リード、攻守で貢献

[ 2021年10月24日 17:07 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2021年10月24日    マツダ )

<広・神25> 8回無死二、三塁、2点適時三塁打を放ち、ガッツポーズをする坂本 (撮影・平嶋 理子) 
Photo By スポニチ

 阪神・坂本が2試合連続となる適時打を放った。

 8回、7番・ロハスが中前打で出塁すると続く佐藤輝も右前打で無死二、三塁。坂本の打席でカウント3―1から右翼フェンス直撃の2点三塁打。さらに、1死三塁からの島田のスクイズで7点目のホームを踏んだ。

 この日は10勝目を狙った伊藤将を好リードし、攻守に貢献した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月24日のニュース