阪神・ロハスが気迫ヘッスラ&輝が4試合ぶり先発で左前打!坂本の同点打をお膳立て

[ 2021年10月24日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1ー1広島 ( 2021年10月23日    マツダ )

<広・神>7回、佐藤輝の左前打でロハスは三塁を陥れる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神上位打線が封じられる中、下位打線で森下から1点を奪った。0―1の7回2死から6番ロハスがフルカウントから内角への際どいカットボールを見極めて四球を選ぶと、4試合ぶりに先発出場した7番佐藤輝は、初球の内角への真っすぐを左前に落とす安打で一、三塁とし、8番坂本の同点中前打をお膳立てした。

 ロハスの三塁へのヘッドスライディングがチームを鼓舞したようにも見えた。「森下投手は低めに投げていたが、三塁まで行けば坂本選手に高めに来るかもと思って(三塁まで)いった」。捕手が投球を少しでもはじけば本塁を陥れてみせるという気合がマウンドに伝わったのか、坂本が捉えた150キロ真っすぐは、確かに甘く、どまん中だった。

 2打席連続の空振り三振だった佐藤輝も3打席目は詰まりながらもバットに当てて7打席ぶり、今季99安打目で好機拡大。「とにかく気持ちで打ちました」と声を弾ませた。近本が右太腿裏の強い張りで今季初の欠場となった。“代役”を担った2人が「近本の穴」を埋め、気持ちでチームのピンチを救った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月24日のニュース