日本ハム 3点差追いつくも…9回四球、野選、失策響きサヨナラ負け 最下位脱出ならず

[ 2021年10月24日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3―4ロッテ ( 2021年10月23日    ZOZOマリン )

<ロ・日>9回無死一、二塁、加藤の送りバントの打球をファンブルする高浜(中央)(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 日本ハムは、3点ビハインドを一時追いつく粘りは見せたが、最後に力尽きた。9回に抑えの杉浦を投入したが四球に野選、失策が絡み無死満塁。最後は荻野にサヨナラ打を許した。

 勝てばゲーム差なしで並んでいた5位・西武を抜いて最下位脱出だったが、今季限りで退任する栗山監督は「こういうミスも来年に生かしてくれるはず」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月24日のニュース