阪神・伊藤将 7回途中1失点の好投、10勝目の権利持ち降板

[ 2021年10月24日 16:25 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2021年10月24日    マツダ )

<広・神25> 6回1死一塁、伊藤将は鈴木誠を一ゴロに打ち取る(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・伊藤将が6回2/3投げ2死二塁の場面で2番手及川へバトンタッチ。勝利投手の権利を得て降板した。

 初回無死から1番・宇草に左前打を浴びたが、続く小園を遊ゴロ併殺に仕留めた。3点の援護をもらった2回、5番・坂倉に一発を被弾したが6回2死まで90球、4安打1失点にまとめ、先発の役割を果たした。

 勝てば、13年の藤浪以来となる球団新人での2桁勝利に到達。また、球団新人左腕に限れば67年江夏豊以来となる。

 あとを受けた2番手及川は5番・坂倉を左飛に抑えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月24日のニュース