巨人・亀井、涙の引退セレモニー「ファンの皆さんの温かい拍手」に感謝

[ 2021年10月24日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人11―1ヤクルト ( 2021年10月23日    東京D )

<巨・ヤ>引退セレモニー、万感の表情でファンにあいさつする亀井(撮影・光山 貴大) 
Photo By スポニチ

 今季限りで現役を引退する巨人・亀井の引退セレモニーが、試合後に行われた。17年目の39歳は「何度も折れそうになった心をつなぎ止めてくれたのはファンの皆さんの温かい拍手でした」と涙ながらにファンに感謝した。家族や同学年で元同僚の西武・内海らが見守る中、ファンの声が録音された応援歌が流れるグラウンドを一周。本塁上でナインから、背番号9にちなんで9回胴上げされた。

 左ふくらはぎ打撲から復帰してこの日、出場選手登録。5回に代打で出場後、いったん右翼の守備位置に就いてファンのねぎらいを受け、ナインと握手してからベンチへ退いた。「体は壊れてもいいと思って思い切りバットを振りたい」と臨んだ打席は1死満塁で三ゴロ。悔しさをにじませた。3位からの下克上へ、最後まで「困った時の亀井」が力を振り絞る。(小野寺 大)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月24日のニュース