【24日プロ野球見どころ】巨人が今季最終戦 ●なら18年以来の負け越し

[ 2021年10月24日 12:00 ]

巨人・原監督
Photo By スポニチ

 巨人は61勝61敗20分けでシーズン最終戦を迎える。勝つか、引き分ければ原監督下では07年から12シーズン連続勝率5割キープとなる。負ければ高橋由伸監督時代の18年以来の負け越し。原監督下では06年に65勝79敗2分け(勝率・451)でBクラスの4位に沈んで以来15年ぶり2度目の不名誉になるがどうか。

 きのう(23日)の日本ハム戦で殊勲のサヨナラ安打を放った荻野(ロッテ)は今季リーグ最多の165安打をマーク。ロッテの打者が最多安打のタイトルを獲得すると16年角中(178安打)以来5年ぶり。右打者では88年高沢秀昭(158安打)以来33年ぶりになる。今季の荻野は日曜日の試合に曜日別最多の35安打。打率も・357と頼もしい働きを見せている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月24日のニュース