阪神救援陣が奇跡Vの扉こじ開ける!矢野監督の攻め采配に応えた無失点リレー

[ 2021年10月24日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1ー1広島 ( 2021年10月23日    マツダ )

<広・神>広島と引き分けに持ち込み、マウンドで喜び合うスアレス(右前)ら阪神ナイン(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 「奇跡」への扉を力強くこじあけたのは、鉄壁の阪神リリーフ陣だ。先発で尻上がりに調子を上げていた秋山に6回の攻撃で迷わず代打を送り、矢野監督は継投策に打って出た。

 「うちは負けたらダメ。(秋山は)よく粘っていたけど、代えるしかないと」

 攻めの采配に投手陣も応えた。1点劣勢だった6回に2番手で登板したのはアルカンタラ。西川、鈴木誠、坂倉と並ぶ強力な中軸をわずか9球で料理した。特に鈴木誠には4球のうち3球ストレートを投じる強気の攻めで圧倒。「1点も与えられない場面で3人で抑えることができたし、次にいい形でつなぐことができてよかったよ」と充実感をにじませた。

 直後の7回に坂本の同点適時打が飛び出し、大事なマウンドに上がった3番手の馬場も力を出し切った。下位打線との対峙(たいじ)も油断せず、先頭の菊池涼を右飛に仕留めるなど無安打投球。「秋山さんやアルカンタラもいいピッチングをしてくれていましたし、自分も絶対に0点で抑えるという気持ち」と声を弾ませた。

 負けることが許されない状況で、失点が命取りとなる終盤。当たり前のように、上質なパフォーマンスを披露したのは勝ちパターンの2人だった。岩崎は広島打線に付けいる隙を与えず3人斬り。価値ある今季41ホールド目をマークした左腕はコメントこそ残さなかったが、しっかりとチームに貢献した。

 9回はスアレスが2死二塁を背負ったが、最後は菊池涼を中飛。投手陣を代表して27個目のアウトを奪取した守護神は「大事な試合で仕事ができて良かったし、明日も勝てるように頑張ります」とうなずいた。

 秋山から始まった快投リレーは3回の3アウト目から18人連続アウト。指揮官も「(投手の踏ん張りが)引き分けにつなげてくれた」と称えた。一丸でつかみとった価値あるドローだった。(遠藤 礼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月24日のニュース