DeNA・オースティンが帰国 来日3年目の来季残留が基本線 三浦監督も「また同じユニホーム。楽しみ」

[ 2021年10月24日 18:32 ]

DeNA・オースティン
Photo By スポニチ

 DeNAの助っ人・オースティンが24日、米国に帰国した。

 今季はコロナ禍で来日が遅れながら、107試合で打率・303、28本塁打、74打点。本人は「今シーズンは始まりからタフなシーズンとなり、残念ながら自分たちの思うような結果とはなりませんでした」と話して機上の人になったが、4番として打線をけん引した。

 来日3年目となる来季も残留は基本線。三浦監督も「(今季は)素晴らしい活躍。走塁も守備も全力プレーで、僕が今まで見た(外国人選手の)中では一番」と絶賛し、本人には「また同じユニホームを着て、楽しみにしている」と声を掛けたという。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月24日のニュース