阪神・中野 今シーズン30盗塁が貴重な追加点に結びつく 新人盗塁王も現実味、2位・近本と6差に

[ 2021年10月24日 16:35 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2021年10月24日    マツダ )

<広・神25> 7回1死一、三塁、中野は二盗を決める(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・中野が今季30盗塁を記録した。

 7回1死から一番・島田が三塁失策で出塁すると続く中野がエンドランで左前打を放ちチャンスを拡大。左翼・西川の失策で1死一、三塁から糸原の初球に二盗を決め今季30盗塁をマーク。「目標にしていた」という大台到達で2位・近本との差を6に広げた。

 ここで糸原の中犠飛で阪神は4点目の追加に成功した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月24日のニュース