ここぞの近本!!阪神・矢野監督「ひと振り勝負」、24日広島戦ベンチスタート意向も代打起用あるぞ

[ 2021年10月24日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1ー1広島 ( 2021年10月23日    マツダ )

<広・神>スタメンを外れた近本(右から2人目)は試合前の円陣で声出し役をつとめる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・近本光司外野手(26)が23日の広島24回戦(マツダ)を欠場し、19年4月11日のDeNA戦から続いていた連続試合出場が392試合でストップした。

 21日中日戦の初回の打席で一塁を駆け抜けた際に右太腿裏に強い張りを訴え交代。この日は試合前の練習ではフリー打撃に参加し、試合中も代打として準備していた。

 矢野監督は試合後、「代打ではと思っていたけど。打って走らないでいいとはいっても、心配なんでね。代打のひと振りだけは準備して待っている。明日もそういう場面があれば、ひと振り勝負かなと思います」と、24日の広島戦もベンチスタートさせる意向を示した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月24日のニュース