花巻東がセンバツ出場に前進 エース左腕・万谷大輝が連続完投&サヨナラ打「絶対に優勝する」

[ 2021年10月24日 13:43 ]

高校野球秋季東北大会準決勝   花巻東4―3八戸工大一 ( 2021年10月24日    石巻市民 )

<八戸工大一・花巻東>延長10回、サヨナラ打を放った万谷(左)は宮沢と抱き合う(撮影・川島 毅洋)
Photo By スポニチ

 花巻東が延長10回の末、八戸工大一にサヨナラ勝ちを収め、決勝に進出。来春センバツ出場に大きく前進した。

 3―3の10回1死二塁から、エース・万谷(まんや)大輝投手(2年)が右翼線を破るサヨナラ二塁打。「(サヨナラ打は)初めてです。自分で試合に勝つ気持ちで打席に入った」と喜んだ。投げては前日の準々決勝に続く完投勝利。117球の快投に「気持ちで負けないように投げた。絶対に優勝する」と力を込めた。

 田代旭主将(2年)は「神宮大会を目指している。ここで気を抜かないで、次に向けて切り替えていきたい」。佐々木洋監督は「(先発は)一番信頼しているので万谷でいった。バッティングは、まさか打つとは思わなかった。昨年は準決勝で敗れて悔しい思いをした。苦しいゲームだったが、選手がよく頑張ってくれた」と粘りを称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月24日のニュース