DeNA 悪夢の逆転サヨナラ負け…三嶋大誤算も三浦監督「判断したのは自分なので」

[ 2021年9月15日 21:33 ]

セ・リーグ   DeNA6―7巨人 ( 2021年9月15日    東京ドーム )

<巨・D>9回、ピンチを迎えた三嶋に声をかける三浦監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 94年以来3度目の球団タイ記録となる巨人戦7連勝は、目前で消えた。DeNA・三浦監督は「判断したのは自分なので、申し訳なかったと思います。負けてしまったが、1個ずつ勝っていくしかない」と振り返った。

 誤算は三嶋だった。2点リードの9回、マウンドに送った。だが、先頭のハイネマンに右前打。1死後、ウィーラーに四球を与えると、続く八百板には中前適時打を許した。

 1点差に迫られ、なおも1死一、二塁で指揮官自らマウンドに駆け寄り「雰囲気にのまれるな。まだ1点リードしているんだから」と鼓舞したが、流れを止められない。連打だと犠飛で、まさかのサヨナラ負けを喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月15日のニュース