岸川勝也氏 初回の追加点のチャンス生かせず、勢いそがれたソフトバンク 対照的にロッテはしつこい攻撃

[ 2021年9月15日 07:00 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1-3ロッテ ( 2021年9月14日    ペイペイD )

<ソ・ロ17>9回2死、川島の三振にガックリのホークスベンチ(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 【岸川勝也 視点】ソフトバンクは初回の攻撃がもったいなかった。牧原大の先頭打者弾で「いけるぞ」というムードになり、1死二、三塁と追加点のチャンスをつかむ。ところが、デスパイネが三振。遊撃手は下がって守っており、内野ゴロでも1点という場面だっただけに最悪の結果で勢いがそがれた。

 対照的にロッテの攻撃はしつこかった。千賀の前に三振の数は増えたが、これまでと違いフォークの見極めが非常に良かった。凡退に終わった打席でも粘った結果、千賀の球数が130球に達した8回に勝ち越した。

 千賀としては悔いが残っただろう。8回のレアードの2点内野安打は、フォークを5球続けてフルカウントとなり、最後はカットボールを打たれた。自信あるフォークを貫けなかったか。中5日で好投していただけに、ダメージの大きい敗戦となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月15日のニュース