日本ハムの新人・細川 2軍戦でプロ初本塁打 甲子園Vの智弁和歌山後輩から刺激

[ 2021年9月15日 05:30 ]

イースタン・リーグ   日本ハム5―0ロッテ ( 2021年9月14日    鎌ケ谷 )

<日本ハム・ロッテ>プロ初本塁打を放った日本ハム・細川
Photo By スポニチ

 日本ハムの新人・細川がイースタンリーグのロッテ戦に「1番・遊撃」で先発出場し、プロ初本塁打を放った。プロ18試合、71打席目だった。

 3回無死一塁からロッテの育成右腕・森の143キロ直球を振り抜くと、右越えに1号2ラン。高校通算23発の左打者は「良かったです。今、状態がいいので」と笑顔だった。今夏甲子園では母校・智弁和歌山が優勝。ともに汗を流した後輩たちの活躍に「感動しました」と刺激を受けている様子だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月15日のニュース