マルテの起死回生弾で土壇場ドロー「うちにとって引き分けというのは勝ち」 阪神・矢野監督語録

[ 2021年9月15日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4-4ヤクルト ( 2021年9月14日    神宮 )

<ヤ・神19>ナインを迎える矢野監督(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 【14日の阪神・矢野監督語録】 

 ▼マルテの一撃は想像はしていた 想像はしているけど、いろんな想像はしているから(笑い)。その中で打つって、しかもクローザーから打ってくれるというのは、うちにとって引き分けというのは勝ちだと思う。その中で本当にみんなのモヤモヤを吹き飛ばしてくれるようなね。

 ▼先発の青柳には及第点 前回やられているという中の登板だったからね。いろいろとバッテリーで工夫しているというのはもちろんあったと思う。粘りながら、というというところはあった。1点でも入っている状態なら(6回も)行かせることもできたかもしれないけど。工夫しながら投げたかなと思う。

 ▼中野と近本の頭部負傷 大丈夫、大丈夫。(特に)チカ(近本)は大丈夫だと思っているんだけど。そんな大きな離脱とか、そんなんは現状ではないと思う。

 ▼西勇は最短復帰を視野 今後の調整というか、(調整を)していく中で変わる可能性はなくはないと思うんだけど。(一度)コンディションを整える方がいいのかなと。

 ▼代役は秋山? 先のことやから、いいんちゃう。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月15日のニュース