DeNA守護神・三嶋が期待に応える21S 苦手の巨人戦で9回3人締め 三浦監督も称えた

[ 2021年9月15日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA3- 2巨人 ( 2021年9月14日    東京D )

<巨・D>巨人に勝利し、笑顔でタッチを交わす三嶋(右から3人目)らDeNAナイン(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 DeNA守護神の三嶋が3―2の9回を3人で締め、21セーブ目を挙げた。巨人戦では9日、5―2の9回に5安打を浴びるなど3失点し引き分けに持ち込まれるなど、4敗中2敗を喫していた。

 三浦監督は「(起用法は)考えましたよ。結果、三嶋に懸けました。期待に応えてくれた。本人も期するものがあったと思う」と右腕を称えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月15日のニュース