ヤクルト2年目・大西、緊急登板で無死満塁ピンチも気迫の無失点に雄叫び スアレスが危険球退場

[ 2021年9月15日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―4阪神 ( 2021年9月14日    神宮 )

<ヤ・神>5回、満塁のピンチで糸井を併殺に抑えた大西(右)は中村と大喜び(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの大卒2年目右腕・大西が緊急登板も気迫の投球を見せた。

 2―0の5回。スアレスが先頭の中野に、後頭部をかする死球で危険球退場。スクランブル登板に制球が定まらず無死満塁のピンチを招いたが、大山を見逃し三振。続く糸井を二ゴロ併殺打に打ち取り、雄叫びを上げた。

 一方で9回にマクガフが同点3ランを被弾。高津監督は「次につなげなきゃいけないところと、切り替えなきゃいけないところがある」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月15日のニュース