ロッテ 接戦を制して6連勝!16日にもチーム51年ぶりのマジック「26」点灯へ

[ 2021年9月15日 22:05 ]

パ・リーグ   ロッテ5―4ソフトバンク ( 2021年9月15日    ペイペイドーム )

<ソ・ロ>7回1死二塁、角中の勝ち越し適時二塁打で二走・中村奨(左)が生還し盛り上がるロッテベンチ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ロッテは4―4の7回に角中の左中間への適時二塁打で勝ち越し、1分けを挟んで6連勝を飾った。2位のオリックスが敗れたため、16日にもチーム51年ぶりとなる優勝マジック「26」が点灯する。

 打線は3―4と1点リードされた6回1死一、二塁、藤岡の右前適時打で同点に追いつく。4ー4で迎えた7回には1死二塁から角中が左中間への適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功した。

 投げては6回に3番手で登板したハーマンが3者凡退に抑えて今季初勝利。7回に5―4と勝ち越した後は国吉、佐々木千と無失点継投。9回は守護神の益田が試合を締めて今季33セーブ目をマークした。

 6連勝を飾ったロッテは、敗れたオリックスとのゲーム差を4に。16日にロッテが勝ちもしくは引き分けでオリックスが敗れた場合、1970年以来チーム51年ぶりとなる優勝マジック「26」が点灯する。

 ソフトバンクは2―3とリードされていた4回にデスパイネの3号ソロと今宮の右前適時打で2点奪って逆転に成功したが、その後勝ち越しを許すと1点も奪えず4連敗となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月15日のニュース