ドラフト1位候補の高知・森木 阪神と面談「甲子園で、いつか投げられることを考えたらとても光栄」

[ 2021年9月15日 05:30 ]

阪神と面談した高知・森木大智
Photo By スポニチ

 阪神は14日、担当スカウトが高知県高知市内の高知高校を訪れ、今秋ドラフト1位候補の森木大智投手と面談した。最速154キロ右腕は「甲子園を目指して、高校野球をやってきた。その舞台で、いつか投げられることを考えたらとても光栄です」と目を輝かせた。

 野球を始めたきっかけは、同郷の元阪神・藤川球児氏の影響だった。小学2年で生まれて初めて観戦したプロ野球も甲子園での「伝統の一戦」だった。憧れの存在は登板しなかったが「人も多くて歓声もすごかったのをよく覚えています」と振り返る。夢であるプロ入りへ向け、「全ての世代にとって勇気、希望になれる選手になりたいと思っています」と言葉に力を込めた。

 ◇森木 大智(もりき・だいち)2003年(平15)4月17日生まれ、高知県土佐市出身の18歳。蓮池小1年からソフトボールを始め、3年から軟式の高岡第二イーグルスでプレー。高知中では3年時に全日本少年春季軟式野球大会と夏の全国中学校軟式野球大会で優勝。軟式球で最速150キロを計測。1メートル84、82キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月15日のニュース