阪神・大山、7、8月度スカパー!サヨナラ賞を受賞「個人的にもすごく大きな1本だった」

[ 2021年9月15日 13:00 ]

阪神・大山(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 セ、パ両リーグは15日、最も印象に残るサヨナラ打を放った打者を表彰する「スカパー!サヨナラ賞」の7、8月度の受賞者を発表。セ・リーグからは阪神・大山悠輔内野手(26)が選出された。

 「この賞をいただけたということは試合に勝った、その試合に貢献できたということだと思う。なかなか取れる賞ではないと思うので、本当にうれしいです」

 7月12日のDeNA戦では3点劣勢から9回に同点に追いつくと、2死一、三塁から三嶋の初球を中前に運びサヨナラ打を放った。土壇場の局面から劇的勝利に導く活躍を見せた主砲は「追いついただけではなくてサヨナラできたというところがすごく大きな意味があると思う。大きな1勝だったと思いますし、個人的にもすごく大きな1本だった」と振り返った。

 9月も勝負強さを発揮している。同4日の巨人戦ではビエイラから逆転サヨナラ2ランを放つなど、3度の決勝打を記録。「1試合1試合、まずは目の前の試合を頑張っていきたい」。16年ぶりのリーグ優勝に向けて気を引き締めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月15日のニュース