日本ハム・高浜「スカパー!サヨナラ賞」初受賞「球界を代表する投手から打つことができて嬉しかった」

[ 2021年9月15日 13:00 ]

サヨナラ二塁打を放ち笑顔を見せる高浜(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの高浜祐仁内野手(25)が、最もインパクトのあるサヨナラ打を放った選手に贈られる7、8月度の「スカパー!サヨナラ賞」を初受賞した。

 高浜は7月6日の西武戦(旭川)の3―3の9回2死一塁から、当時プロ野球記録を更新する39試合連続無失点中だった西武・平良から中越えにプロ初のサヨナラ打を放った。平良の連続無失点記録を止める一打を振り返り「球界を代表する投手から打つことができてとても嬉しかったです。日本記録をつくるような投手から打てたことは、自分の中で凄く自信になりました」と笑顔だった。

 そのサヨナラ打が初受賞につながり「まさか僕のような選手が選ばれるとは思っていなかった。あの打席の前までは全然打てなかったけど、あの打席だけ自分の中で凄く打てそうな気がした」とうれしそうに話した。

 今季はここまで勝負強い打撃で一塁の定位置をつかみ取り、70試合に出場して打率・269、チーム最多8本塁打をマーク。最下位に低迷するチームの中で存在感を示している。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月15日のニュース