広島・正随 初3番抜てきも4打席凡退 佐々岡監督「こういうチャンスをものにできるか…というところ」

[ 2021年9月15日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1-10中日 ( 2021年9月14日    バンテリンD )

<中・広21>5回1死二塁、本塁でのクロスプレーでリクエストを要求する佐々岡監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 広島は、4試合連続1得点の打線低調に佐々岡監督は「つながっていない」と声が沈んだ。

 5月12日のヤクルト戦以来プロ2度目の先発で初3番に抜てきした3年目の正随は4打席凡退の不発。「左(松葉)ということで。打撃が良くて上がっていたわけだし、使ってみたかった。こういうチャンスをものにできるか…というところだった」。

 松葉には前回8日に続いて6回1失点に抑えられ、「低めに集められて打たされている感じ」と悔やんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月15日のニュース