日本ハム・池田 3回途中3失点降板10敗目「序盤で降板して申し訳ない」

[ 2021年9月15日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1―3西武 ( 2021年9月14日    メットライフD )

<西・日>3回無死満塁、栗山に中前適時打を打たれた池田(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの先発・池田が3回途中3失点で降板。打線も抑え込まれてチームの連勝は2で止まった。

 池田は立ち上がりから決め球の精度を欠き、2、3回に満塁から痛打されて失点。これで後半戦は3戦連続で5回持たずに降板して10敗目を喫し「走者を背負って粘れなかった。序盤で降板して申し訳ない」と謝罪した。それでも栗山監督は「ボール自体は悪くない。初めてローテーションで回ってきて疲れもある」と奮起を期待していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月15日のニュース