阪神・矢野監督 中軸のブレーキにがっくり「還すところの打者が上がってこないとちょっと厳しい」

[ 2021年9月15日 21:38 ]

セ・リーグ   阪神0-1ヤクルト ( 2021年9月15日    神宮 )

<ヤ・神(20)> 6回2死満塁の好機に左飛に倒れたサンズ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・矢野監督は試合後、拙攻が続いた打線について苦言を呈した。

 「(ヤクルトのスクイズ失敗後も)先頭出たりとかチャンスは作ったんで。そういうところでは、ジェリー(サンズ)がちょっと状態が悪いし。まあ(ロハス)ジュニアもあれやけど、チカ(近本)が出てくれてるだけにね、還すところのバッターというところが誰かが(調子)上がってこないとちょっと厳しいなと」

 この日、打線は2度の無死二塁を含む計5度先頭が出塁するも、無念の零敗。6、8回の2死満塁ではいずれもサンズが凡退し、好機であと1本が出なかった。。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月15日のニュース