阪神・青柳 雨中の粘投で5回2失点 打線が土壇場で追いつき黒星回避

[ 2021年9月15日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4-4ヤクルト ( 2021年9月14日    神宮 )

<ヤ・神(19)>雨の中、力投する青柳
Photo By スポニチ

 阪神・青柳は5回6安打2失点と粘投。打線が土壇場で3点差を追いつき、今季4敗目も消失した。

 「前回に続き先制点を与えてしまい、チームに勢いをつけるような投球ができず悔しいです」

 序盤から丁寧な投球を展開も、“天敵”が失点の起点となった。2回、先頭の村上に左前打を許した。オスナを遊ゴロ併殺で事なきを得たはずだったが、2死から四球と安打で一、三塁とされ、元山の中前適時打で先制点を献上した。4回も再び無死から村上に左前へ運ばれ、そこから1死一塁となり、中村に左中間への適時二塁打を浴びた。これで対村上は13打数8安打、被打率.615、3本塁打。この日は被弾こそなかったが、リベンジはならなかった。

 それでも結果的には5回2失点。2試合連続5失点の乱調から修正を見せ、次回へ光を見いだした。(遠藤 礼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年9月15日のニュース