「自分を信用できない」 中日・阿部 苦しみながらも原点回帰で今季1号! 今季最多タイの7得点呼んだ

[ 2021年4月22日 05:30 ]

セ・リーグ   中日7-1DeNA ( 2021年4月21日    横浜 )

<D・中5>4回1死二、三塁、左越え3ランを放ち迎えられる阿部(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 恐れず振った。中日・阿部が今季初アーチ。4回、2点を先制し、なおも1死二、三塁から入江の初球、高めに浮いた直球を左翼席へ運んだ。

 「なかなか調子が上がらずチャンスもつぶしていた。打てて良かった。チームに点が入ってくれてうれしい」

 昨季はチーム2位の13本塁打を放ち長打力を期待されたが、今季は打撃不振で打率1割台(・188)に低迷。4試合ぶりに先発復帰した20日も7回無死一、三塁と内野ゴロで1点の場面で遊直に倒れた。「最近、当てに行って結果が出ていなくて自分の形を忘れつつあった」と反省。「とにかく振る。強い打球を打つ」と原点に立ち返り、初球の甘い球を逃さなかった。

 スタメンを外れた3試合は「ポカンと穴が空いた感じ。自分を信用できない日が続いた」とホテルの部屋でバットを振り、必死に感覚を取り戻した。

 チーム7得点は開幕戦の7点以来、今季最多タイ。阿部の復調は得点力不足に悩む打線にとって朗報。自身の打率も下位に沈むチームも浮上させる覚悟だ。 (徳原 麗奈)

 ▼中日・勝野(6回まで無安打投球。7回2安打1失点で2勝目)内角への直球をしっかり投げ切れた。無安打だったのは知っていたが、四球を出していたので特に意識しなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月22日のニュース