巨人・原監督 開幕4連勝の高橋を評価「成長のあとが見える」 香月3号ソロは「非常に価値があった」

[ 2021年4月22日 21:37 ]

セ・リーグ   巨人8―3阪神 ( 2021年4月22日    東京D )

<巨・神>笑顔でファンの声援に応える原監督(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 巨人は首位・阪神との3連戦を2勝1敗で勝ち越しに成功。原監督は無傷の開幕4連勝を飾った高橋優貴投手(24)を「今日は変化球の精度に苦しんだようですけど、まぁでも粘り強く3点に抑えたというところは成長のあとが見えるというところでしょうね」と評価した。

 原監督は勝因として「初回のピンチからチャンスに変えたっていうね、それが非常に大きかったと思いますね」とコメント。さらに「流れが止まっていた状況だったので香月のホームランというのは非常に価値があった」と6―3とリードした7回、香月が相手4番手エドワーズから放った3号ソロを称えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月22日のニュース