あっ、しまった…広島 4回に長短3安打でまさかの無得点 誠也が三本間で憤死 佐々岡監督も苦言

[ 2021年4月22日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1-1ヤクルト ( 2021年4月21日    マツダ )

<広・ヤ(5)>4回2死二塁、長野の遊撃内野安打で二塁走者の鈴木誠は三本間に挟まれタッチアウト (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 床田が6回1失点と好投するも、拙攻が響いて、広島は今季2度目の引き分けに終わった。その象徴が4回だ。

 2死から鈴木誠が左越え二塁打で出塁。遊撃手のほぼ正面に転がり、結果的に内野安打となった長野のゴロで三塁を蹴ったものの、三本間で憤死した。

 「遊ゴロなので、三塁コーチは回す。止まるのはない」と佐々岡監督。結果的には長短3安打で無得点に終わり「あと1本がね。つながらないので波に乗れない」とため息だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月22日のニュース