あぁ…広島 ついに借金生活転落 8回塹江が3失点して勝ち越し許す 小園は今季初打席で適時打

[ 2021年4月22日 21:54 ]

セ・リーグ   広島4-7ヤクルト ( 2021年4月22日    マツダ )

<広・ヤ(6)>選手交代を告げベンチに戻る佐々岡監督 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島が22日のヤクルト戦に敗れ、ついに借金1を背負った。開幕戦の3月26日・中日戦に敗れて借金1となって以来の借金生活転落となった。

 先発の遠藤が、2回に塩見、3回には元山に一発を浴びるなど、3回3失点とリズムをつくれなかった。ただ、打線が奮起。2回には今季初出場で初打席だった小園が適時打を放つなど、7回まで4-4の同点に食らいついた。

 だが、8回に登板した5番手の塹江が誤算だった。山崎に2点適時三塁打を浴びるなど、この回3失点。その後は反撃できず、これで今ヤクルト3連戦は、1分け2敗の負け越しとなった。

 広島は、15日の阪神戦に敗れて、勝率5割に転落。その後は勝利と敗戦(引き分けも含む)を繰り返して、3度の借金危機で踏ん張っていたが、ついに借金生活に足を突っ込んでしまった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月22日のニュース