ロッテの連勝は6でストップ 井口監督の通算200勝はお預け「打つ方が点を取れなかった」

[ 2021年4月22日 21:33 ]

パ・リーグ   ロッテ1―3日本ハム ( 2021年4月22日    ZOZOマリン )

<ロ・日(6)>重苦しい展開に厳しい視線の井口監督(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 1点を追う1回に安田の今季24打点目となる右中間適時二塁打で追いついたが、先発の岩下が2回に勝ち越し点を許すと、2番手の河村が石井の右犠飛で3点目を失った。

 13日の楽天戦から2分けを挟んで続けていた連勝は「6」でストップ。

 監督通算200勝に王手をかけていた井口監督だが試合後は「打つ方が点取れなかった」。8回のチャンスでは日本ハム2番手のB・ロドリゲスの左右打者に対する被打率を重視し、右のレアードに左の角中を代打に出して勝負をかけたが、見逃し三振に終わった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月22日のニュース