ヤクルトが今季4度目ドロー 高津監督は打線の奮起促す「ボール球に手を出しすぎ」

[ 2021年4月22日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1-1広島 ( 2021年4月21日    マツダ )

<広・ヤ>選手交代を告げる高津監督(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 今季4度目の引き分けに終わったヤクルト・高津監督は打線の奮起を促した。左の床田対策として1番に右の西浦を起用。6回に青木の適時打で1点を奪ったが、5回までは散発2安打の無失点に抑え込まれ「低めのボール球に手を出しすぎてチャンスらしいチャンスをつくれなかった」と振り返った。

 4番の村上も2三振を含む無安打。指揮官は「“明日打ちます”と言ってたんで期待しましょう」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月22日のニュース