【ファーム情報】巨人・野上が8回10Kで大勝 広島は1イニング打者16人12得点の猛攻

[ 2021年4月22日 17:57 ]

<イースタンL 巨・西>力投する巨人の先発・野上(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 プロ野球のファームは22日、イースタン、ウエスタン両リーグで計4試合が行われた。

 巨人は西武戦(ジャイアンツ)に14―0で圧勝。若林が2回に1号3ラン。途中出場の育成選手・平間が2安打2打点だった。先発・野上は8回を3安打10奪三振無失点の好投で1勝目(2敗)。西武先発で準硬式野球出身のドラフト5位・大曲(福岡大)は4回2/3を10安打12失点(自責3)で2敗目(1セーブ)。

 楽天はロッテ戦(森林どり泉)に8―7でサヨナラ勝ち。育成選手の沢野が4回の1号ソロなど2安打。先発・滝中は6回4安打7奪三振で4失点だった。ロッテは井上が2回の2号ソロなど3打点。加藤が2安打2打点。先発の育成選手・森は5回1/3を6安打7失点(自責4)。

 広島はオリックス戦(由宇)に14―3。4回に打者16人で9安打を放って大量12点を奪った。林が4回の2号2ランなど3安打、メヒアが5回の2号ソロなど2安打2打点、石原が2安打4打点。先発・玉村は6回3安打1失点で2勝目。オリックスは先発・榊原が3回2/3を7安打8失点で1敗目を喫した。ドラフト3位・来田(明石商)が2安打3打点。

 ソフトバンクは阪神戦(鳴尾浜)に8―2。先発・武田が7回2/3を3安打8奪三振2失点で2勝目を挙げた。上林が3安打1打点、三森が2安打2打点。阪神先発・斎藤は5回6安打8失点で3敗目(1勝)。4回に小野寺が2号2ランを放つなど2安打。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月22日のニュース